雄を以て知る旅。

〜バイクで世界一周の記録〜

強盗

2015年8月29日

僕はミシシッピのグリーンビルという田舎街のモーテルに泊まっていた。

深夜、外に駐車してある僕のバイクからセキュリティアラームからの音が聞こえる。僕は何か異常がないか確認するため、ドアを開けた。これが判断ミスだった。

目の前に長身で40代なかばくらいの黒人の男がいた。僕を確認するやいなや、ドアをこじ開けて部屋に侵入してきた。僕も部屋の中に突き飛ばされる。

「俺は銃を持っている。金を寄越せ」

僕は全く身動きを取らなかった。男は僕のカメラバック、ジャケットを漁り始める。カメラやパスポートの貴重品を見付けても、全く興味をしめさない。本当に現金だけが目当てなようだ。

部屋は涼しいのに、男の額からは玉汗が浮かび、Tシャツが濡れていくのが見てとれた。犯罪に会っている最中だけど、この人大丈夫かと思ってしまった。

男は現金70ドルを僕のサイフを見つけて握りしめる。「誰か呼んだら殺してやる」それだけ言い放つと、男は僕の僕の部屋から出ていった。

日中になって警察署に出向き、被害届を出す。

犯罪にあったのは不運だったが、現金70ドルを盗られて済んだのは幸運だった。